ページ内を移動するためのリンクです

帯状疱疹の痛みは誤解されている

1.一般的な帯状疱疹の痛みの考え方

帯状疱疹で観られる痛みは、一般的には図1のように、皮膚の病変が観られる急性期は皮膚・神経の炎症による痛み(侵害受容性疼痛)、皮膚の病変が治った後の慢性期は帯状疱疹後神経痛と呼ばれるように神経障害性疼痛と考えられています。

図1

2.帯状疱疹後神経痛は実は神経痛(神経障害性疼痛)ではない

帯状疱疹後神経痛と呼ばれる慢性期の痛みのほとんどが実は神経障害性疼痛ではなく筋膜痛です。15年ほど前の日本麻酔科学会で、帯状疱疹の慢性期の痛みが筋膜痛であることが報告されていますし、同じころ私もそのことに気づき、筋膜痛の治療を行なってきました。

帯状疱疹後神経痛が神経障害性疼痛ではないことは、その痛みについての問診、診察をきちんと行なえば明らかです。神経障害性疼痛は、一日を通して症状の変動(日内変動)がなく、姿勢や動作に伴って痛みが変化することはありませんが、帯状疱疹の慢性期の痛みのほとんどはこれに該当しないからです。また神経障害性疼痛の特徴といわれている知覚過敏や知覚低下は、筋膜痛でもしばしばみられます。

慢性期にほとんど神経障害性疼痛が観られないのは、現在抗ウイルス薬が早期から投与されるようになったからかもしれませんが、私が帯状疱疹慢性期の痛みに対して筋膜痛の診断・治療を行なうようになったころには、すでに抗ウイルス薬が使われており、抗ウイルス薬が使用される以前の帯状疱疹慢性期の痛みがどうであったかは、今となっては分かりません。

3.帯状疱疹急性期の痛みは炎症による痛み(侵害受容性疼痛)ではない

また、皮膚の病変が観られる帯状疱疹急性期の痛みも、実は皮膚・神経の炎症による痛みではない可能性が高いことが分かってきました。

今年私が診療した5人の帯状疱疹急性期の患者さんは、図に示すように皆皮膚にできた皮疹の部位には痛みは認められず、皮疹の見られない部位に痛みを訴えていました。すなわち皮膚の炎症部位に痛みがなかったことから、侵害受容性疼痛は除外されます。また、神経障害性疼痛は、炎症によって神経が破壊された後週週間から数か月後に発症するため(求心路遮断痛と呼ばれます)、これも除外されます。侵害受容性疼痛でも、神経障害性疼痛でもないとすると、残るは侵害受容器が過敏になって起こる痛み(筋膜痛)しかありません。

このように、帯状疱疹の痛みは急性期も慢性期も、そのほとんどが筋膜痛であると考えられます。

4.どうして帯状疱疹で筋膜痛が観られるのか。

急性期の痛みは、皮膚の炎症が起こる数日前から観られることが多く、またその原因となっているトリガーポイントは帯状疱疹の罹患神経領域ではないところに認められます。

慢性期の痛みも原因となっているトリガーポイントは帯状疱疹の罹患神経領域ではないところに認められます。このような事実を踏まえると、帯状疱疹の発症によりトリガーポイントが形成されて急性期あるいは慢性期の痛みが起こるとは考えにくく、むしろトリガーポイントから発生した関連痛領域に、交感神経緊張による血流低下が起こり、それに伴う局所免疫の低下が帯状疱疹を発症させている可能性が疑われます。

5.痛みの診断が不適切であれば治療はうまくいかない

急性期の痛みは炎症による痛みと考えられているので、一般に消炎鎮痛剤の投与や硬膜外ブロックなどの神経ブロックが行なわれています。私が筋膜痛の診断・治療を行なうようになる以前に診療した帯状疱疹急性期の患者さんの中にも、神経ブロックや消炎鎮痛剤投与で痛みが改善しない方々が少なからずいましたが、これらの痛みが筋膜痛であったと考えれば納得できます。神経ブロックや消炎鎮痛剤投与で改善しない帯状疱疹急性期の痛みでも、筋膜痛の診断を行なって適切な治療を行なえば、改善は十分望めます。

帯状疱疹慢性期の痛みは、帯状疱疹後神経痛の診断のもと、硬膜外ブロックやプレガバリン、抗うつ薬などの薬物投与が行なわれていますが、これらの治療に反応せず苦しんでおられる方々が多くいらっしゃると思います。しかし、それは帯状疱疹後神経痛が難病であるからではありません。その痛みが神経痛(神経障害性疼痛)ではなく筋膜痛だからであり、問診や診察をきちんと行なって筋膜痛と診断されれば、痛みが改善する可能性は十分あります。
帯状疱疹慢性期の痛み = 帯状疱疹後神経痛、という固定概念が間違っているのです。帯状疱疹慢性期の痛みが筋膜痛かもしれないと疑って、問診・診察を行なう姿勢が医師に求められます。

筋膜痛の診断さえできれば、帯状疱疹の治療はいたってシンプルです。

帯状疱疹急性期

抗ウイルス薬の投与

 痛みに対しては筋膜痛の診断(罹患筋診断)を行なった上でトリガーポイント治療

帯状疱疹慢性期の痛み

筋膜痛の診断(罹患筋診断)を行なった上でトリガーポイント治療

こちらの治療に関してのお問い合わせ

当ウェブサイトの記事・画像を無断で使用することを禁じます。Copyright© Yamashita Pain Clinic All Right Reserved.